« ドリシュティー 社会的企業が支援する農村の生計向上 Livelihood improvement supported by a social enterprise, Drishtee しゃかい | トップページ | ニームラーナ工業団地訪問  Neemrana Industrial Area in Rajasthan State »

2016年8月31日 (水)

インドの農村部における権利ベース・アプローチによる貧困対策  Right Based Approach in Rural India

Dsc_0356 生産性の向上や生計手段など経済的手段で貧困削減に取り組んでいるNGOや社会的企業は多いですが、シーガル財団(旧IRRAD)のアプローチはこれとは異なっていて、法的な側面を重視しています。貧困層の人権が守られているか、法律で保障された貧困層向けの福祉、その他の施策、事業が行政によって適切に遂行されているかについて住民が知識を情報を得て、自ら変革の力になって行くことを支援するというものです。今日、デリーの南約80キロのメワット・ヌー地域の活動拠点を訪問しました。ここでは、定期的に近隣地域から住民のリーダーとなれる人を集めて、法律や権利などの講習会を実施しています。リーダーがそれぞれの村に帰って、さらに住民に法律や権利の啓発活動を行っています。またここではFMのコミュニティーラジオ放送も行っています。一日13時間放送を行っており、上記の啓発活動に関する内容のほか、子どもの教育、地域の文化などについてのコンテンツを制作、放送しています。

Dsc_0358a シーガル財団のアプローチは「権利ベースアプローチ」と位置付けられるものですが、実はこれは日本にこそ必要とされるものです。日本国憲法ではその第25条で「健康で文化的な生活の権利」の規定がありますが、実際にはそれは権利ではなく、権力からの「恩恵」という意識が根強くあります。権利の主張は悪いことであるという意識が社会に蔓延しています。法定の労働時間も、年次有給休暇の権利も十分に保証されていません。ブラック企業やブラックバイト、サービス残業がはびこるのはこのためです。OECDからは生活保護申請や受給に係るスティグマ感を払拭せよと勧告されているにもかかわらず、一向に改善せず、それどころか、最近ではNHKの番組で貧困な高校生として紹介された子どもへのバッシングまで行われています。さらに悪いことには、自民党の改憲案は人権が「天賦」であることを既定する条項を削除するなど、「権利より義務」という押し出しが強くなっています。暗澹たる気持ちになります。

Dsc_0362 While many NGOs are making efforts to empower local people through economic measures such as enhancing productivity and diversifying sources income, the Sehgal Foundation (former IRRAD) focusing on legal aspect, in particular proper enforcement of laws and regulations relevant to rural poor people. Their "Governance Now" programme is aiming at protection of basic rights as well as appropriate and effective enforcement of various welfare benefits guaranteed by laws. Today we visited local training centre at a village in Mewat and Nuh district, Hariyana States, located about 80 km south of Delhi. The staffs of Sehgal Foundation are carrying out training programmes for villagers to enhance their awareness on rights and benefits, They are also operating small FM broadcasting station to provide people knowledge and information on their rights, improvement of agricultural production, local culture and other subjects instrumental to improving lives of local people.

« ドリシュティー 社会的企業が支援する農村の生計向上 Livelihood improvement supported by a social enterprise, Drishtee しゃかい | トップページ | ニームラーナ工業団地訪問  Neemrana Industrial Area in Rajasthan State »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550886/64214896

この記事へのトラックバック一覧です: インドの農村部における権利ベース・アプローチによる貧困対策  Right Based Approach in Rural India:

« ドリシュティー 社会的企業が支援する農村の生計向上 Livelihood improvement supported by a social enterprise, Drishtee しゃかい | トップページ | ニームラーナ工業団地訪問  Neemrana Industrial Area in Rajasthan State »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter