« 「ひび割れ壺と少年」のメッセージ The Cracked Pot | トップページ | 災害復興と学生ボランティア  Students's volunteer activities are still continuing at Ishinomaki »

2016年8月14日 (日)

災害とコミュニティーの再建 Reconstruction of a community after the disaster

Maehama1 気仙沼市本吉町前浜のコミセン「前浜マリンセンター」です。毎年6月の植栽活動でお世話になっている千葉様ご夫妻に案内していただきました。前浜および周辺の集落は津波で大きな被害を受け、前浜にあった集会所も流されてしまいました。被災後、前浜では集会所の再建について話し合われ、NGOや企業、団体、個人などからの多くの支援を受けながらその再建が進められました。「東日本大震災ルーテル教会救援”となりびと”」その他の外部からの支援は資金面、コーディネーション、資材、備品等などでしたが、構想、設計、建設プロセスなと多くの過程に地元住民の皆さんのが関わる参加型の手法によって行われました。現在この公民館の稼働率は高く、コミュニティー活動の中心になっています。

Maehama2 国連の"持続可能な開発目標(SDGs)"には、"Resilience(回復力)"という言葉が何回も出てきます。この”Resilience"の意味は当事者の問題発見、解決の力の強さのことで、外部からの支援の役割はそれがやりやすい環境を整えることだと思います。集まることができる場という「インフラ」を支援できたことがよかったです。私ももしかしたら微力ですがお役に立てたかもしれません。というのは、"となりびと"に参加していた時にいくつかの書類の翻訳作業を手伝いましたが、その中にこの前浜の「コミュニティー・センター」のプロジェクト提案書があったと記憶しています。以前のODAの仕事で英文のプロジェクト書類作りには慣れていました。もしお役にたっていたら大変うれしいです。

Maehama3 The coastal area of whole Kesen-numa City including fishing village of Maehama was devastated by the Tsunami on 11th March 2011. A community center building for people of Maehama and surrounding villages was washed away. After the disaster, villagers discussed and examined ways to rebuild the community center. The reconstruction works were implemented in a participatory method. The villagers proactively joined the process of reconstruction in terms of designing, planning and building the center, while both domestic and international NGOs supported in financing and coordinating the activities, and supporting the procurement of material and equipment. The centre is now very frequently used by the villagers.

Maehama4 The word "resilience" appears many times in UN's "Sustainable Development Goals (SDGs)". It means a strength and a power of people to identify issues as well as challenges and take action against them by themselves. While local ownership is crucial, supporters outside of the villages can contribute to make enabling environment including making of infrastructures. I participated in this support a bit by translating the project documents necessary for application of financial support, as a member of the Japan Lutheran Church Disaster Support Team.

« 「ひび割れ壺と少年」のメッセージ The Cracked Pot | トップページ | 災害復興と学生ボランティア  Students's volunteer activities are still continuing at Ishinomaki »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550886/64215282

この記事へのトラックバック一覧です: 災害とコミュニティーの再建 Reconstruction of a community after the disaster :

« 「ひび割れ壺と少年」のメッセージ The Cracked Pot | トップページ | 災害復興と学生ボランティア  Students's volunteer activities are still continuing at Ishinomaki »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter