« 英国EU離脱 Brexit | トップページ | 丸山眞男とリベラリズム On Japan's post-war liberalism »

2016年7月 4日 (月)

フランスの連帯経済 Economy based on solidarity in France

13495302_1089008354478555_916001050 フランスに来ると、八百屋さん、パン屋さんその他各種の小規模商店が繁盛しているのが驚きです。日本では郊外はいうに及ばず、地方の中核都市でも、大スーパーに客を奪われ、中心部の商店街は「シャッター通り」と化し、空洞化が進んでいます。この話をフランスのエコノミストにしたら、明確な答えが返ってきました。「”競争”の反対語は何だと思いますか。アメリカではそれは”独占”です。しかし、フランスおよび多くのヨーロッパの国ではそれは”連帯”です。小さな商店は地元の生産者の質の高い商品を扱い、消費者もそれを求めています。これが「連帯経済」なのです。


13510931_1089008431145214_169865909 日本では以前は大店法などの規制がありましたが、有効に機能せず、中心市街地の衰退を招いていますが、それはまだ、連帯経済のような考え方が根付いていないためだと思います。資本主義と市場経済の限界が明らかになってきている現在、代替として連帯経済が議論されるようになってきています。連帯経済と市場経済は対立するものでなく、補完しあうものだと思います。日本も社会の土台は米国ではなくヨーロッパに近いです。先日、授業の中で一回「連帯経済」に触れましたが、これからもう少しこれを深めて行きたいです。いずれにして、考えるだけではなく、行動することが求められていると思います。
13606761_1089008551145202_405081359 I asked a French economist why many small retailers are still flourishing and haven't been replaced by big supermarkets in France. He answered to me. How do you think the opposite word of "competition"? In US, it is "monopoly". In France, and many of European countries. it is "solidarity". The small shops are supported by producers and consumers. They are selling local-based high quality products. It is indeed "a solidarity economy". He also regretted that Brexit may imply that UK will leave a camp of European solidarity economy and align with US-type market economy.
13567148_1089008661145191_611339395

« 英国EU離脱 Brexit | トップページ | 丸山眞男とリベラリズム On Japan's post-war liberalism »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550886/64215645

この記事へのトラックバック一覧です: フランスの連帯経済 Economy based on solidarity in France:

« 英国EU離脱 Brexit | トップページ | 丸山眞男とリベラリズム On Japan's post-war liberalism »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter