« 日本の国際収支  Japan's Balance of Payment | トップページ | アルメニアの一村一品 One Village One Product Project in Armenia »

2015年11月23日 (月)

学生企画「3.11からあなたの命を考える会」   Live together with those who lost their lives by 3.11 disaster

Img2015112300411。文教大学湘南校舎の文教ボランティアズの学生が企画した講演会・意見交換会「3.11からあなたの命を考える会」が本日開催されました。震災時に女川第一中学校の先生をされていて、ご自身は石巻市の大川小学校で娘さんを亡くされた佐藤敏郎さんをお招きして、お話を伺いました。災害を受け止めそこから立ち上がろうとしている子供たちや地元の4年半、そして何よりも大川小学校での悲劇はなぜ避けられなかったのかについて考えさせられました。

Dsc_0090一つ気が付いたのは、日本に蔓延するプロフェッショナリズムの欠如と無責任体制です。プロの仕事というのは責任を引き受けて結果をだすことです。しかし、組織の中ではそのようなプロ意識よりも「組織防衛」の力学が働きます。大川小学校で起こったことやその後の行政の対応は、、日本がずるずると中国、米国との戦争に追い込まれていった過程や、薬害、公害病を生み出していった経過に共通するものがあると思いました。女川の子どもたちは「今は災害後ではない。次の災害前だ」と言っているそうです。組織の論理に人々が押しつぶされている状況について深刻な反省ををしていかない限り、悲劇が繰り返されてしまうでしょう。大変考えさせられる一日でした。 「われわれは、亡くなった方が生きようとした時間を生きている」という佐藤さんの言葉が響きました。

Dsc_0040最後に、これだけの企画を教員の指示もたいした支援もなしに自発的に実施した学生たちに拍手!まさにこれこそがボランティアです。

Dsc_0188A seminar on disaster risk management organized by students of Bunkyo Volunteers was held this afternoon. They invited Mr. Toshiro Sato, who was a teacher at the Onagawa Daiichi Junior High School and lost his daughter at the Okawa Primary School, delivered his message on how we can learn from the tragedies at Okawa and Onagawa. Lack of professionalism and weak sense of responsibility of bureaucracy concerned may be a root cause of death of 74 children at the Okawa Primary School. Mr. Sato told us that we are living days which those lost lives would want to live.

« 日本の国際収支  Japan's Balance of Payment | トップページ | アルメニアの一村一品 One Village One Product Project in Armenia »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550886/62737935

この記事へのトラックバック一覧です: 学生企画「3.11からあなたの命を考える会」   Live together with those who lost their lives by 3.11 disaster:

« 日本の国際収支  Japan's Balance of Payment | トップページ | アルメニアの一村一品 One Village One Product Project in Armenia »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter