« ディワリ・イン・ヨコハマ Diwali in Yokohama 2015 | トップページ | 援助に代る「成果への対価」方式  Payment-for-performance program »

2015年10月20日 (火)

超長期で見た中国とインドの生産シェア  A perspective over 2000 years on global production

12108222_947931748586217_5213853562
最近授業でよく説明する図です。アンガス・マディソンの「世界経済2000年史」のデータを使っています。産業革命までは中国・インドの生産シェアは世界の約半分。これはほぼ人口比と同じです。産業革命以降、資本=機械、燃料等の投入により日本を含む先進国が圧倒的な生産シェアを持つようになりましたが、産業化が行きわたった現在ではまた中国・インドのシェアが上昇しつつあります。中国の台頭を懸念する意見もありますが、本来のパワーバランスに戻りつつあると考えることもでいます。問題は、化石燃料(エネルギー)に依存した人間の社会全体がどこまで持続可能かです。

This is a chart showing share of production of China and India. Share of China(red) and India(Blue) was around 50% or more of the world production before the Industrial Revolution. It was almost equal to their share of global population. After the industrial revolution, a production share of western countries including Japan became dominant. It was thanks to mobilization of capital(money) and machinery and fuel money can afford. Now, industrialization is spreading over the globe and a power balances are returning to a default setting of the world. There is nothing we should worry about except a question whether this is sustainable or not. The Chart is drawn using data sets by Prof. Angus Madison.

« ディワリ・イン・ヨコハマ Diwali in Yokohama 2015 | トップページ | 援助に代る「成果への対価」方式  Payment-for-performance program »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550886/62515428

この記事へのトラックバック一覧です: 超長期で見た中国とインドの生産シェア  A perspective over 2000 years on global production:

« ディワリ・イン・ヨコハマ Diwali in Yokohama 2015 | トップページ | 援助に代る「成果への対価」方式  Payment-for-performance program »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter