« Japan Overseas Cooperation Volunteer 青年海外協力隊 | トップページ | Sanitation in India  インドの深刻な衛生問題(トイレの不備) »

2015年9月26日 (土)

持続可能な開発目標SDGs  Sustainable Development Goals

The Global Population incresePhotod rapidly after the industrial revolution. Use of fossil fuels have enabled operation of machinery, input of chemical fertilizers and global trade of foods、having broken food constraints or avoiding what we call "Malthusian Catastrophe" The blue line on the chart shows global population and red line consumption of fossil fuel. Yesterday, the General Assembly of UN endorced "Sustainable Development Goals", which set targets at year 2030. However, we should examine whether the world we are living is sustainable over centuries and millenniums.

「ミレニアム開発目標(MDGs)」に続く「持続可能な開発目標SDGs」が国連で採択されました。持続可能性が柱に据えられたこと、途上国、先進国がともに目指すべき目標とされたことは大きな進歩だと思います。SDGsは2030年を目標においていますが、持続可能性を言う場合にはもっと長期の、数百年単位の持続性も考えるべきだと思います。19世紀以来、地球の人口は急増し物質的な生活レベルも上がってきていますが、これは大部分は化石燃料の使用によってもたらされたものです。機械力による耕作、化学肥料の使用、広域的な食料貿易はいわゆる「マルサスの罠状況」を打ち破りましたが、これらが可能だったのは化石燃料を使用することができたためです(図の青線は人口、赤線は化石燃料使用)。多分このままでいくと、数百年単位では人類は持続可能ではないです。どにように超長期の持続性を確保できるシステムを考え、そこに移行するかについて、昨年学会で議論をしましたが、今ペーパーを書いているところです。

« Japan Overseas Cooperation Volunteer 青年海外協力隊 | トップページ | Sanitation in India  インドの深刻な衛生問題(トイレの不備) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550886/62515903

この記事へのトラックバック一覧です: 持続可能な開発目標SDGs  Sustainable Development Goals:

« Japan Overseas Cooperation Volunteer 青年海外協力隊 | トップページ | Sanitation in India  インドの深刻な衛生問題(トイレの不備) »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter