« 冬季五輪と地球温暖化 A Winter Olympic Game an global warming: a case of Beijing | トップページ | Sanitation in India  インドの深刻な衛生問題(トイレの不備) »

2015年8月12日 (水)

再生可能なもの、再生可能ではないもの On Renewable Energy

Dsc_0334立山の稜線から見た黒部ダムです。黒部ダム建設1960年代に行われ、世界銀行からも融資が行われました。当時は画期的な発電所で、建設工事は映画化もされ、エネルギー供給の大きな役割を果たしてきました。出力は335MWで当時は大きなものでしたが、その後にできた福島第一原子力発電所の2号機から4号機の一基当たり出力は784MWで、黒部第4発電所はその半分にもなりません。一方で、黒部第4ダムの建設によって黒部渓谷最上流の「上の廊下」と言われていた部分が水没しています。水力自体は「再生可能」ですが、一旦自然に加えられた変化は再生可能ではありません。エネルギーは生活に不可欠ですがその生産には多大な犠牲が伴います。そう考えると電気の無駄遣いはできなくなります。2015年8月12日撮影
A view of Kurobe No.4 Damfrom a ridge line of Tateyama mountains. The dam and the hydro power station with installed capacity of 335MW downstream was constructed in 1960s partly financed by the World Bank. By the construction, the upper stream of Kurobe River Valley, or Upper Corridor as trekkers called, which was rich in fauna and flora was submerged. We have to pay attention to the fact that an alteration of nature is irreversible although hydro power itself is renewable. 

« 冬季五輪と地球温暖化 A Winter Olympic Game an global warming: a case of Beijing | トップページ | Sanitation in India  インドの深刻な衛生問題(トイレの不備) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550886/62494310

この記事へのトラックバック一覧です: 再生可能なもの、再生可能ではないもの On Renewable Energy:

« 冬季五輪と地球温暖化 A Winter Olympic Game an global warming: a case of Beijing | トップページ | Sanitation in India  インドの深刻な衛生問題(トイレの不備) »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter