« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

Sanitation in India  インドの深刻な衛生問題(トイレの不備)

ndoOne of the most serious challenges i11953070_925132790866113_7922912738n sanitation in India is underdevelopment of toilet facilities and discharge culture. Majority of houses have no toilet and people discharge outside, creating serious sanitary as well as social problems, Sulabh International, a famous NGO based in Delhi is addressing these issues by constructing and managing clean toilet system. They are making their operations sustainable by charging modest mount to users at a level they are willing to pay. They has also operating a school and vocational training centre for capacity development of underprivileged people and "Toilet Museum" as a part of public awareness activities.

インドスタディーツアーの初日、11888000_925132827532776_8003217166トイレを中心とした衛生問題に取り組んでいるNGO、スラブ・インターナショナルを訪問しました。インドではまだ大半の家庭で撮りれがなく、都市部でも50-60%の人々が野外で排泄行為を行い、深刻な衛生、社会問題を引き起しています。スラブは公衆トイレの整備と運営、住宅トイレの設置支援などを通じて状況の改善に取り組んでいます。公衆トイレの中には日本のODAで建設されたものもあります。運営を任されていますが、一回1~2ルピーの使用料金を課すことにより、事業としての持続性を高めています。料金は貧困層の「支払い意思額」にとどめられていますが、清潔なトイレを使うためには料金を支払ってもいいのが大多数の意思だという説明でした。トイレや汚物処理に関するさまざまな科学的研究開発も進められています。汚物処理を手作業で行っていた人々のエンパワメントのために学校や職業訓練所も開設運営されています。また、広報啓発活動の一環として「トイレ博物館」が運営されています。トイレの歴史の説明では、紀元前2000年以前のインダス文明時代のモヘンジョダロ・ハラッパでは完備されたトイレと下水のシステムが発掘されているそうです。原っぱで用を足さずにお便所を使っていた・・・ということです。

2015年8月12日 (水)

再生可能なもの、再生可能ではないもの On Renewable Energy

Dsc_0334立山の稜線から見た黒部ダムです。黒部ダム建設1960年代に行われ、世界銀行からも融資が行われました。当時は画期的な発電所で、建設工事は映画化もされ、エネルギー供給の大きな役割を果たしてきました。出力は335MWで当時は大きなものでしたが、その後にできた福島第一原子力発電所の2号機から4号機の一基当たり出力は784MWで、黒部第4発電所はその半分にもなりません。一方で、黒部第4ダムの建設によって黒部渓谷最上流の「上の廊下」と言われていた部分が水没しています。水力自体は「再生可能」ですが、一旦自然に加えられた変化は再生可能ではありません。エネルギーは生活に不可欠ですがその生産には多大な犠牲が伴います。そう考えると電気の無駄遣いはできなくなります。2015年8月12日撮影
A view of Kurobe No.4 Damfrom a ridge line of Tateyama mountains. The dam and the hydro power station with installed capacity of 335MW downstream was constructed in 1960s partly financed by the World Bank. By the construction, the upper stream of Kurobe River Valley, or Upper Corridor as trekkers called, which was rich in fauna and flora was submerged. We have to pay attention to the fact that an alteration of nature is irreversible although hydro power itself is renewable. 

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter