« 農業と持続可能な成長 GDN's 16th Global Development Conference Agriculture for Sustainable Growth | トップページ | 冬季五輪と地球温暖化 A Winter Olympic Game an global warming: a case of Beijing »

2015年7月 1日 (水)

ルワンダ:ワンラブプロジェクト   Mr.& Mrs Rudasingwa visit our University

Dsc_0007今日のアフリカ地域研究の授業ではルワンダから一時ご帰国中のルダシングワ・ガテラさん、真美さんに教室に来ていただき、ルワンダの話を伺いました。お話の中心はルワンダの民族対立と、ご夫妻が展開されている「ムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクト」の活動でした。ルワンダの虐殺はフツとツチの二つの民族の対立によって引き起こされたという言説が流布していますが、フツとツチの間には言語や民族などの相違はなく、ベルギーの植民地の時代に、支配の便宜のために人為的に導入されたものです。これが二つのグループの間の深刻な対立を生み出しました。ルダシングワ(吉田)真美さんは茅ケ崎のご出身で、ガテラさんとともに義肢を製作して、内戦その他のためにハンディを負ってしまった人々への支援を行っています。これからもできる限りのサポートを続けていきたいです。

Mr.& Mrs. Rudasingwa from Rwanda visited my class today to deliver a lecture, discussing history of conflict between Tutsis and Hutus and root causes of the Genocide in 1994. The classification of Tutsis and Hutus were introduced by Belgian colonial rulers for their political and administrative convenience. The present government which took power after the genocide removed the ethnic classification and erased it from the national ID card. Mr.& Mrs. Rudasingwa is extending assistance to people with handicap including victims of the genocide by providing artificial limbs to them.

« 農業と持続可能な成長 GDN's 16th Global Development Conference Agriculture for Sustainable Growth | トップページ | 冬季五輪と地球温暖化 A Winter Olympic Game an global warming: a case of Beijing »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550886/62494596

この記事へのトラックバック一覧です: ルワンダ:ワンラブプロジェクト   Mr.& Mrs Rudasingwa visit our University:

« 農業と持続可能な成長 GDN's 16th Global Development Conference Agriculture for Sustainable Growth | トップページ | 冬季五輪と地球温暖化 A Winter Olympic Game an global warming: a case of Beijing »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter