« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

千年単位で見た開発と持続性  Society in Stationary State and Development

1782102_791070800938980_39126550171今日は千葉大学で国際開発学会の全国大会でした。朝一番のセッションの「定常化社会におけるdevelopment」の座長、兼報告者として「千年単位で見た開発と持続性」という報告をしました。ちょっと大言壮語系かとも思いましたが、持続性を考える場合には数百年から千年単位でのパースペクティブが必要であること、また持続的な定常状態は現在の延長線上では不可能で、縮小均衡という困難なプロセスが不可避になってくることデータを使って説明し、それを前提として、市場の役割、公共政策の視点、プロジェクト計画の問題、特に現在価値割引による費用便益分析の問題などを取りあげました。早稲田大学名誉教授の西川潤先生から厳しいコメントがありました。先生のコメントで今後の研究の方向性がクリアーになった感じがします。
The 25th annual conference of Japan is taking place at Chiba University. on 29th and 30th November. At the first session today, I chaired a session on " Society in Stationary State and Development". I also presented a paper titled "Development in perspective over centuries: from development to envelopment". The intention of the session is to provoke discussion on material basis in general, energy in particular, of what we call "Development" and insustainability of development if we continue our economy as business as usual, in view of exhaustible nature of fossil fuels.

2014年11月11日 (火)

ぎこちない握手 awkward handshake

It was recorded in both Japanese and Chinese historical documents that, in 7th century, when the Emperor of China of Sui Dynasty or Yang-Di received an official letter from Crown Prince Shotoku, Yang-Di got angry. The letter mentioned that a crown prince of the sun-rising eastern country was sending a message to the emperor of the sun-setting western country. The reason the Emperor Yang-Di was not comfortable with the letter was not only rhetoric of "sun-set" or "sun-rise” but the stance of Japan urging equal status between Japan and China. Since then, Japan is carefully keeping political distance with China despite cultural and economic relationship. Unlike most of other East Asian countries, Japan has never been a part of China-dominated master and subordinates system or tributary system. Such stance has been irritating Chinese leaders for centuries. It is very difficult to stop rivalry between Japan and China, taking historical backgrounds into account. "Agree to disagree" is, therefore, the most important outcome of the bilateral talk between Shinzo Abe and Xi Jinping. 今回のAPEC会合を見ていると、まるで唐の時代かなにかに、東夷、西戎、南蛮、北狄の周辺民族を中華帝国の首都に呼んで、朝貢、冊封関係を確認する儀式を再現したような、中華発揚のページェントではないかと思いました。7世紀に聖徳太子が隋の煬帝に、中国側から見れば失礼極まりない書簡を使者に託したとされる「国書事件」の時も、隋の煬帝は、昨日の習近平国家主席と同じように、日本の使者に接したのかもしれません。記念写真の際に安倍首相の位置が習主席より遠かったことを指摘する意見もありますが、日本は7世紀、あるいはそれ以前から中国との距離の取り方に苦労してきました。日本は朝貢、冊封などを通じて華夷秩序の一部に正式に入ったことはありません。記念写真のポジションはこれでいいのではないかと思います。私は中国との仕事もかなりの期間担当していましたが、日本と中国はかなり違う世界ということを痛感してきました、今回の会談の成果は、まずはお互い考え方が違うことを確認したこと(agree to disagree)ではないと思います。 まずは、ぎこちない握手(awkward handshake)でも良かったでしょう。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter