« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

構造的暴力としての児童労働 Child Labour as a Structural Violence

2年ぶりに児童労働に取り組むNGO、Bachpan Bachao Andolan(BBA:子どもを守る運動)に行ってきました。前回はラジャスタン州の長期自立支援施設でしたが、今回はデリー近郊の一次保護施設です。児童労働の現場から保護された子どもたちを一時的に保護し、親や関係当事者、当局と連絡をとって、再発防止にあたるという活動をしています。インドでは、このBBAの運動もあって、児童労働は法的に禁止されましたが、まだ横行しているのが現実です、雲母などの鉱山、建設工事、製造業そして大きな問題になっているのは家事労働です。子どもたちが児童労働に陥るきっかけは、親の借金のための債務労働や、家族の生活を貧しさを見かねて、あるいは高い報酬につられて「自らの意思で」働きはじめるなど様々です。ある少女はアッサム州の出身で、家族の生活のために仲介業者に身を売られ、「転売」を重ねられた挙句、デリーの中産階級の家庭で家事労働者として住み込むようになりましたが、「主人」やその妻からたびたび暴行を受けていたという話をしていました。
2014_0829_043 拉致・誘拐(強制連行)に近いケースがあることは否定できませんが、大部分の子どもたちは公共輸送機関で仲介業者とともに移動しています。逃げ出すチャンスはいくらあってもそれができなかった。あるいはしなかったということです。一方、子どもたちは児童労働を「強いられた」と認識しています。家事労働などのケースでは、都市の中産階級やエリート層、本来ならば児童労働を取り締まらなければならない行政や警察の幹部の家でも子どもが学校に行くチャンスもなく働かされていることが大きな社会問題になっています。BBAはこのようなエリート層をまず対象として啓発と摘発の活動を展開しています。子どもたちが「強いられた」と感じているのは。自分たちが社会の構造の中に閉じ込められ声さえあげることができなかったからです。このような「構造的暴力」は、社会の成員の誰もが多かれ少なかれ関わっていて他人事ではないのです。だから難しい問題なのですが、社会の意識が変化すれば改善していくことが期待されます。BBAはそれれを目指しています。

We visited the Bachpan Bachao Andolan (BBA), an Indian NGO to rescue and protect children from child labour on 29th of August. The issues related to child labour are, in my view, typical phenomena of "Structural Violence", for which whole the society is responsible to some extent. Some of them work as bonded labour for their parents' debts. Some of them decide by themselves to work to ease poor condition of their families. Deceptive information on higher income given by human traffickers might attract some of them. While background of each case differs, there are common root case of poverty and inequality, and social structures imbedded in them. BBA is providing first care for those rescued. After several days of initial rehabilitation, BBA start reintegration works of them to their original families. Measures to prevent recurrences of cases are to be agreed with their parents or relatives. According to BBA, one of the most serious issues is the domestic child labour. Many of higher and higher middle income families are employing boys and girls under age of 16, without giving them a chance to go to school. Some of these employers are government or police officials, who are expected to prevent child labour. Most of the people take it granted that domestic labour is an opportunity to work for poor children and justify to employ them under very harsh conditions. The children rescued by BBA told us that they are force to work. Because there are no other options than to work under such conditions and they have no power to complain about it. Therefore, I would deem it is "structure" of the society to force them to work. It is more important to notice that this type of violence is not unique to India or other developing countries. There are lot of children who are deprived of opportunity or access to proper education and basic care in developed countries including Japan.

2014年8月27日 (水)

宗教の違いを乗り越える試み バハイ教  On the Bahai Faith

バハイ教は19世紀にイランで始まり、すべての宗教は根源的に同一であるということが基本となっている信仰です。イスラエルのハイファに本部ありインドではニューデリーのロータス・テンプルが拠点になっています。インドでは100万人以上、全世界では900万人の信者がいるそうです。このロータス・テンプルはデリーの観光名所になっており、多くの人々が訪れていますが、明らかにイスラム教徒とわかる人々もたくさん来ています。インドが宗教の違いで分断されたコミュニティーから成り立っている社会だというのは、必ずしも現実にあっていません。多くのインド人に言わせると、それは多分に政治化された言説だ、ということのようです。

Dsc_0147

ただ、バハイ教は中東発祥ですが、中東のイスラム圏では禁止されているところが多く、最近のイスラム過激派の台頭にともなって、バハイ教徒への弾圧、迫害が増えてきているそうです。バハイ教とはそれに対して暴力では応酬しないことを基本としているようです。たいへんなことだとは思いますが、宗教を標榜する暴力的なグループがどんどん勢力を増している中で、平和を目指す一つの方向だと思います。
The Lotus temple is one of the largest temple of Bahai. The Bahai started in 19th in Iran and its basic faith is all the religions are fundamentally the same and there are no point of disagreement or conflict. The temple is visited by people with different religions and faiths, including Muslim people. A discourse that India is communally divided country by religions is rather myth than real.
In the Middle East, however, a lot of religious groups, especially fundamental and militant Islamist groups are not only rejecting but also persecuting and abusing Bahai followers. It is noted that Bahai followers are maintaining their basic philosophy of universality and not trying to revenge any hostile actions against them.

日本の対インドODA 最大の成功例の一つとされるデリー・メトロ Delhi Metro as one of the most successful projects Japan supported

Dsc_0056

JICAのご協力でデリーメトロを見学しました。デリーメトロは1990年代に建設が始まり2002年に第1期工事が完成しましたが、インドに対する日本の政府開発援助の中でも最も成功した一例に数えられています。利用はたいへん多く、一日中混雑しています。第1期区間のオールドデリーにあるChawri bazar 駅は「タイムマシンステーション」といわれています。地下鉄駅は東京とかわらない最新式の設備ですが、駅の外に一歩出ると、数百年前から続くインドの町の光景が広がっています。デリーメトロは3期工事が完成する2015年には総延長300キロになり、東京の地下鉄の規模に並びます。
2014_0827_038 Delhi Metro Project is one of the most successful projects supported by Japan's Official Development Assistance (ODA) to India. The construction was commenced in 1990s and first phase was inaugurated in 2012. The Chawri Bazar station on the first phase is called "Time Machine Station", where the station is an ultra-modern facility, while landscape of traditional Indian downtown is kept intact outside of the entrance of station.

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter