« 開発問題として見たチリの鉱山救出 | トップページ | 開発貢献度指標 (Commitment to Development Index)2010 »

2010年10月29日 (金)

インド・持続的発展の現場から(3):自立と持続性

これまで2回取り上げました今夏のインド訪問は学生のスタディーツアーとしていったものですが、10月22日から24日まで開催された学園祭(聳塔祭)でインドにおける持続的発展の取り組みを特集した展示を行いました。多くの方に来ていただいて、大変うれしかったです。企画大賞もいただくことができました。あらためてお礼申し上げます。

間が開いてしまいましたが、このブログでもインドの連載を再開したと思います。アタパディ地域の環境保全総合事業に限らないことですが、インドでは多くの開発プロジェクトで住民の参加と能力向上(エンパワメント)が取り組まれています。事業の企画段階から住民の意見を最大限取り入れ、作業に住民が参加することによって住民の当事者意識(オーナーシップ)を高めることが事業の持続性につながっていくこと、またそのような参加を通じて住民の能力向上が実現していくことの重要性が関係者の間で共有されています。

しかし、完全に外部の資金に依存しない自立性を達成できうるかといえば、否定的に考えざるを得ません。農村での現金収入のを増加させることは可能ですが、資金的に地域全体が「完全に」自立することは、その所得レベルから考えてかなり難しいものがあります。

S306_2 写真の水道事業は、住民に清潔な水を供給することを目的に行われているもので、十数キロ離れた水源から高低差を利用して導水して、タンクに一旦貯めたものを更に高低差を利用して村内の各地域に配水するものです。このような「重力」を利用した方式はポンプなどの動力をしないため、電力や燃料などの維持費がかからず、その意味で持続的なシステムです。建設工事は住民が行い、管理も住民にゆだねられますので、住民の高い当事者意識が施設を長期間にわたって良好な状態で維持管理運営していくことが可能になるでしょう。

しかし、前回の報告で取り上げた住宅建設もそうでしたが、この水道工事も、建設資材や設計、施工監理等のエンジニアリングへの外部からの支援があって初めて実現したプロジェクトです。このようなインフラ投資資金や必要な技術を地方のコミュニティーが自ら調達するのは無理なことです。都市部などの豊かな地域から貧しい地域へ所得を再分配する仕組みが不可欠です。近年、多くの国で地方分権が進められていますが、実際に地方の現場にいって見ると、新たに分権された自治体は、地域開発の責任が高まる一方で、人材や資金が乏しく、開発事業も中央からのトップダウンのことが多く、地域の実情にあった開発をするのが困難なケースが多く見られます。

インドでは雇用保障という貧困地域の支援プログラムがあります。これは、一種の公共事業で、それに参加した人々に賃金を支払うことによって雇用と収入を支援していこうというものですが、日本の公共事業と異なるのは、何を実施するかについて住民が話し合いで決定することです。「土木業者」への配慮が住民の必要性に優先し、ハコモノが次々に作られる事態を避けることができます。これは、注目すべきシステムです。

日本では小泉政権の時代に「三位一体の改革」として国庫補助負担金と地方交付税の減額と引き換えに税源委譲が行われました。地方が自主財源を基に地方の実情にあった行政を行うことを目的にしたものでしたが、結局は地方経済の低迷もあって税源委譲分で地方交付税の減額を補うことができす、地方の疲弊と財政悪化に拍車をかけた結果になりました。国内の中央から地方、あるいは地方間での再分配の制度を設計することは日本の例でもわかるように相当難しいことですが、インドから学べるものは、限られた地方開発の予算を、完全な自立は無理としても少しでも自立につながるような方向で、住民主体で決めていくというメカニズムではないかと思います。再分配をなくすことはできませんが、それを資金を効果的、効率的に活用することにはまだまだ大きな工夫の余地があると思います。

ちなみに、アタパディ地域の環境保全総合事業の実施機関であるAHADSはこの事業の完了後、住民主体の雇用保障プログラムに技術支援を行っていく組織に発展させていくことを検討中でした。

« 開発問題として見たチリの鉱山救出 | トップページ | 開発貢献度指標 (Commitment to Development Index)2010 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

文化祭でのサンダル教授の授業はとても面白かったです。機会があればまた参加したいと思いました。
途上国でのインフラ整備はなかなかすぐには満足のゆく成果をあげれないものですね。インドのように発展が大きく進んでいる諸国ではこれから地方を発展させることの利点は多いと僕自身は感じます。田中角栄元首相の「日本列島改造論」のように、産業が遅れた地域を無くすことで、国の経済を活性化させるだけでなく地域格差も減らせることが可能なのかな、と感じました。日本では交通網の整備を行い、この計画は成功したんではないかと思います。しかし、いつまでも交通網の整備を行った結果無駄な空港などによって赤字を生み出すことになってしまっているので、そうした本当に必要なもの、そうじゃないものの境界線を考えるのも大切なことなんだと思いました。

インドの水も危険性があることを知りました。全世界で清潔な水が保持できない人口は約10億人と授業で習い、複雑な心境で居ましたが、このインドへの水の普及作業は元気をいただけました。そしてインドの住民は自らが、どのように工事を行い、どのように完成させていくかを地域全体で考えるということに、日本と比べて責任感の違いを大きく感じました。資金面で苦しい状況で窮地に立たされてますが、乗り越えて、大国へと近づいていただきたいです。

今までは水の重要性にそれほどの実感がありませんでした。しかし、水戦争という言葉や、昨年ペシャワール会の中村医師の講演を聞く機会があり、医療の分野にでも、農業の分野でも水が非常に重要であり、人間が生きるための根底なのだと気づかされました。

地方分権という言葉を疑いもなく良いものだと考えていました。しかし、地域格差の改善を阻むものになってしまう恐れもあることを知りました。
物事には本質的に良い悪いはない、その都度その都度今の状況にそれは適切なのか考えいかなければいけないのだと思いました。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550886/49880118

この記事へのトラックバック一覧です: インド・持続的発展の現場から(3):自立と持続性:

« 開発問題として見たチリの鉱山救出 | トップページ | 開発貢献度指標 (Commitment to Development Index)2010 »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter