2016年9月19日 (月)

BOPビジネスとごみの増加

Dsc_0297_2 途上国の貧困は「お金がない」というだけではなく「少額で買えるものがない」ことからも生じている。こういう認識から近年、貧困層にも購入可能な小単位の商品などを開発、販売する「BOP(ベース・オブ・ピラミッド)ビジネス」が盛んになっています。この考え方自体は賛成なのですが、小さなパッケージでの調味料、洗剤、菓子などの販売は明らかにプラスチックごみを増やしているようです。写真はインド・アグラ市の下水処理場で撮影したものです。この処理場は「ヤムナ・アクション・プラン」の一環として日本のODA(円借款)で建設されたもので、下水の処理に大きな役割をはたしていますが、現場では下水に流れこむプラスチックごみの激増が問題になっていました。下水だけではなく、街中にはプラごみが氾濫しています。BOPを進めると同時に、環境への影響が小さな販売方法や包装を考えなければならないことを痛感しました。
Dsc_0296 The BOP (base of Pyramid) business has become one of buzz words in development discourses. I fully agree that goods affordable to poor people should be developed to give them better material lives. My only concern, however, is the increase of items in small packages also increases numbers of small plastic waste which is detrimental to environment. Some innovative measures are necessary to prevent the increase of waste. The photos are taken at a sewerage plant supported by Japan's ODA under the Yamuna Action Plan.
Dsc_0305

2016年9月11日 (日)

同時多発テロから15年 15th anniversary of 9.11 terrorist attacks

911
整理して廃棄しようとした書類の間からこのパンフレットを見つけました。カード会社のローンの宣伝ですが、表紙がWTCの写真です。カードのローンは使わないので、なぜ残っていたか不思議です、少なくとも2001年以前のものです。奇しくも昨日は同時テロから15年でした。2001年9月11日は世界を変えた日になってしまいました。この日を境にに、世界は統合から分断、協力から対抗・敵対に大きく方向が変わったように思えます。犠牲者の方々を慰霊し、平和を祈念し, そして自分が何ができるか、考えていきたいです。

I found, by chance, this leaflet of a credit card company between documents I was disposing. Coincidentally, yesterday was the 15th anniversary of the 9.11 terrorist attack. It was indeed on the day the world had changed. I would offer a silent prayer to the victims and for world peace.

2016年9月 6日 (火)

インド・エネルギー・資源研究所(TERI)と持続可能な発展 The Energy and Resource Institute, India


Teri1デリー空港から帰国直前の6日、空港からほど近いグルガオンにある、TERI(エネルギー・資源研究所)を訪問しました。TERIは以前はタタ財閥傘下の研究所で、資源、環境、気候変動などを主に研究し、コンサルティングも行っています。前議長は国際気候変動パネル(IPCC)の議長を務めたラジェンドラ・パチャウリ氏で、2007年に米国のゴア副大統領とともにノーベル平和賞を受賞しています。


Teri2 TERIの研究は林研究室のテーマの持続可能な開発と密接に関連してしており、多くのことを学ぶことができました。TERIのキャンパスは持続性のコンセプトを全面的に取り入れており、地下にダクトを通して行う空調システム(エアコンは使いません)、雨水の完全利用と敷地内での排水の完全処理、太陽光やバイオガスによる発電などを行っています。電気はすべて自前で、外部からの送電は受けていません。私の大学でもこのようなコンセプトと設備を導入したいです。





Teri3
On 6 September, we visited the Energy and Resource Institute (TERI) before our departure from Delhi. The TERI (former TATA Energy and Resource Institute) is a research centre studying resource conservation, alternative resources and environment protection and mitigation/adaptation to climate change.

Their former president was Dr, Rajendra Pachauri. He got Nobel prize as the chairperson of the International Panel for Climate Change (IPCC) in 2007. We had discussion on the sustainable development. The TERI's campus is designed to incorporate sustainability concept with natural air conditioning system, rain water harvesting, full utilization of solar energy, etc. They aren't depending on power supply from outside grids. They recycle all the waste water within their premises.

2016年9月 5日 (月)

児童労働根絶に取り組むBachpan Bachao Andolan On Child Labour

Dsc_0564 9月4日と5日の両日、児童労働の根絶に取り組むBachpan Bachao Andolan (BBA)のバル・アシュラムに滞在しました。Bachpan Bachao Andolanとは「子どもを助ける運動」の意味です。BBAは1980年にカイラシュ・サティアルティ氏によってはじめられました、同氏は2014年にマララ・ユスフザイさんとともにノーベル平和賞を受賞しています。BBAは二つの施設を持っていて、デリーにある短期に保護施設のムクティ・アシュラムは昨年訪問しましたが、今回はラジャスタン州の長期保護、訓練施設であるバル・アシュラムを訪問することができました。2日間滞在するの中でで子供とコミュニケーションをができたり、BBAの活動について実際に学ぶことができました。子どもにとって「自分が大切にされている」という感覚がいかに重要であるかを考えさえられました。子どもの権利の尊重もその一つです。これらが侵害されることによって生じる心の傷がいかに深刻であるかについて目を向ける必要があります。


On 4th and 5th September, we stayed over night in the Bal Ashram, Bachpan Bachao Andolan BBA). The BBA was established by Mr. Kailash Styarthi, an Nobel Prize Laureate social activist in 1980. The BBA has rescued more than 83,500 victims of child labour. The Bal Ashram in Virat Nagar, Rajasthan State, is their long term rehabilitation camp and training centre. During 2 days stay, we had active communication with children and had learnt a lot from BBA's policy, approach and activities.

2016年9月 2日 (金)

ニームラーナ工業団地訪問  Neemrana Industrial Area in Rajasthan State

Nm1 9月2日、ジャイプールへ向かう途上に、ラジャスタン州のニームラーナ工業団地を訪問し、日本企業1社、インド企業1社を訪問することができました。工業団地の一角は日本企業用に開発されていて、工場のほか日本人向けのホテルや日本料理店が営業しています。現在46社の日本企業が稼働しています。ラジャスタン州にこれだけの日本企業が進出しているというのは、私がインドで仕事をしていた25年前では信じられないことです。デリー・グルガオンとニームラーナ結ぶ国道8号線は片側3車線に拡幅されています。ただ、まだインフラがネックで、特に病院と学校がないことがネックで、多くの駐在員が単身赴任を強いられており、家族で赴任している場合にはグルガオンから片道90~120分をかけての通勤しているという説明をお聞きしました。


Nm3 現在、JICAが支援しているムンバイ、デリー間の貨物新幹線の沿線であり、完成が待たれるほか、今後、一層のインフラ整備が望まれます。午前は自動車部品を製造している日本企業、午後はLED照明装置やキザと呼ばれる電気温水器などの家電製品を製造しているインド企業を訪問しました。日本企業ではインドでの事業展開のポテンシャルや難しさを伺いました。インド企業では工場を上げて「カイゼン」運動に取り組んでいることが特筆されます。インドは今「メイク・イン・インディア」を国策にしていますが、デリーからラジャスタン州にかけての工業化の進展を見ると、インドが製造業大国になる日も近いのではないかと思います。お昼は、今回のスタディーツアーで1回だけの日本食になりました。

Nm4_2 On 2nd September, we visited, on our way to Jaipur, Neemrana Industrial Area in Rajasthan State. We visited a Japanese and an Indian Manufactures. The Japanese company is manufacturing automobile parts. The Indian company is producing electrical home appliances such as Giza (water warmer) and LED lumps. Both factories are neat and clean and "Kaizen efforts are being made". This is "Make in India". The Neemrana Industrial area is being developed by RIICO (Rajasthan State Industrial Development & Investment Corporation Limited). A part of the area is specified as "Japanese Area", with 46 Japanese companies are in operation.

Nm2

2016年8月31日 (水)

インドの農村部における権利ベース・アプローチによる貧困対策  Right Based Approach in Rural India

Dsc_0356 生産性の向上や生計手段など経済的手段で貧困削減に取り組んでいるNGOや社会的企業は多いですが、シーガル財団(旧IRRAD)のアプローチはこれとは異なっていて、法的な側面を重視しています。貧困層の人権が守られているか、法律で保障された貧困層向けの福祉、その他の施策、事業が行政によって適切に遂行されているかについて住民が知識を情報を得て、自ら変革の力になって行くことを支援するというものです。今日、デリーの南約80キロのメワット・ヌー地域の活動拠点を訪問しました。ここでは、定期的に近隣地域から住民のリーダーとなれる人を集めて、法律や権利などの講習会を実施しています。リーダーがそれぞれの村に帰って、さらに住民に法律や権利の啓発活動を行っています。またここではFMのコミュニティーラジオ放送も行っています。一日13時間放送を行っており、上記の啓発活動に関する内容のほか、子どもの教育、地域の文化などについてのコンテンツを制作、放送しています。

Dsc_0358a シーガル財団のアプローチは「権利ベースアプローチ」と位置付けられるものですが、実はこれは日本にこそ必要とされるものです。日本国憲法ではその第25条で「健康で文化的な生活の権利」の規定がありますが、実際にはそれは権利ではなく、権力からの「恩恵」という意識が根強くあります。権利の主張は悪いことであるという意識が社会に蔓延しています。法定の労働時間も、年次有給休暇の権利も十分に保証されていません。ブラック企業やブラックバイト、サービス残業がはびこるのはこのためです。OECDからは生活保護申請や受給に係るスティグマ感を払拭せよと勧告されているにもかかわらず、一向に改善せず、それどころか、最近ではNHKの番組で貧困な高校生として紹介された子どもへのバッシングまで行われています。さらに悪いことには、自民党の改憲案は人権が「天賦」であることを既定する条項を削除するなど、「権利より義務」という押し出しが強くなっています。暗澹たる気持ちになります。

Dsc_0362 While many NGOs are making efforts to empower local people through economic measures such as enhancing productivity and diversifying sources income, the Sehgal Foundation (former IRRAD) focusing on legal aspect, in particular proper enforcement of laws and regulations relevant to rural poor people. Their "Governance Now" programme is aiming at protection of basic rights as well as appropriate and effective enforcement of various welfare benefits guaranteed by laws. Today we visited local training centre at a village in Mewat and Nuh district, Hariyana States, located about 80 km south of Delhi. The staffs of Sehgal Foundation are carrying out training programmes for villagers to enhance their awareness on rights and benefits, They are also operating small FM broadcasting station to provide people knowledge and information on their rights, improvement of agricultural production, local culture and other subjects instrumental to improving lives of local people.

2016年8月29日 (月)

ドリシュティー 社会的企業が支援する農村の生計向上 Livelihood improvement supported by a social enterprise, Drishtee しゃかい

14224783_1130109470368443_414300075 8月29日に、アグラの北約40キロのマトゥーラ地域の農村に行ってきました。ここでは、ドリシュティーという社会的企業が農村の所得向上を支援しています。ドリシュティーの基本的なアプローチは貧しい農村の人々が市場経済から恩恵を受けることができるようにするために、サプライチェインを構築したりトレイニングプログラムを実施したりすることです。サプライチェインの構築では、各地区ごとにトラックの巡回ルートを設けて、農村小売ポイント(Rural Retail Point)で農民が必要とする商品を置いて販売したり、農村の生産物を都市で販売する手助けをしています、また生計向上のために、家畜の飼育や蒔種から収穫までの生産管理向上、縫製やコンピューターの技術習得などのスキル獲得、向上のためのトレイニング・プログラムを行っています。


14100446_1130108430368547_854814255 持続可能な開発目標(SDGs)では2030年までの極端な貧困が目標とされています、しかし、国連の場で何を決めたとしても、それが目標として達成されるためには途上国の村々ので人々がどのようにして「自分の足で」立つことができるかにかかっています。空調が完備した国連などの会議場ではなく、泥とほこり、家畜の臭いが強烈な途上国の現場こそが、持続可能な開発の最前線です。ドリシュティーのきめ細かいアプローチはもっと注目されるべきであると思いました。




14079914_1130110547035002_677012741 On 29th August, we visited a village in Mathura region supported by Drishtee, a social enterprise. The Drishtee is empowering people by encouraging them to participate in market economy. They are operating supply chain network connecting rural and urban area. The Drishtee is supplying goods affordable to rural villagers as well as channeling farm products to urban markets. They are also training people to obtain skills for better livelihood, The programme includes enhancing agricultural productivity as well as sewing and computer training. The success of the "Sustainable Development Goals" depends not on multilateral talks in the UN and other international negotiations but efforts of people in villages in developing countries.

2016年8月28日 (日)

野外排泄問題に取り組むNGO、Sulabh International To address issues on open defecation

 

Sl1_28月27日に訪問したもう一つのNGOはSulabh(スラブ) Internationalです。途上国の多くで野外排泄がっ公衆衛生上の脅威になっていますが、インドでは特に深刻です。スラブはパテル博士によって1970年に創設され、野外排泄と手作業による汚物処理の除去を目的としています。これまでに、学校や企業、コミュニティーと共同で8500以上の公衆トイレを建設、運営しています。公衆トイレのは悦物からメタンガスを発生させエネルギーとして利用するシステムを開発しています。主に農村部向けには、二つのピットを持たた自然処理式のトイレを開発し普及に取り組んでいます。これは二つのピットを3年ほどの期間で交互に使用することにより、排泄物を堆肥化して活用する者です。

Sl2 スラブは学校と職業訓練校を運営していますが、これがて低カーストでもある、汚物処理作業に従事していた人々の生活と地位の向上を目指しています。裁縫、速記、コンピューター、美容などの生計手段獲得のための教室を訪問sることができました。本部に併設されている「トイレ博物館」はたいへん情報量が多く、インダス文明のころから人間がどにように排泄問題に取り組んできたか、よう勉強になりました。





Sl3 The second NGO we visited was the Sulabh International. Open defecation is very serious social problem in India, as well as in many of developing countries. The Sulabh International, a Social Service organization, is tackling this challenges by constructing and operating more than 8,500 toilet with cooperation of schools, firms and communities. It was founded by Dr, patel in 1970. Their missions are to eliminate open defecation and and manual scavenging labour. The are also developing and proliferating "Two Pit Toilet System" as an alternative to costly and water consuming large scale sewerage system.

Sl4 They are also trying to empower people from manual scavenging background by through education and vocational training. The toilet museum attached their headquarters is very unique and informative, 

2016年8月27日 (土)

衣服のリサイクルから人々の尊厳回復へ  Goonj puts emphasis on people's dignity through recycling cloths and utensils

8月27日Dsc_0126 はデリーに拠点を置く2つのNGOを訪問しました。最初に訪問したのはGoonjです。ここを訪問するのは既に3回目ですが、学生にはぜひ見てもらいたいNGOです、Goonjは都市の富裕層や中間層から発生する大量の衣類や家庭用品の廃棄物を主に農村の貧困層への支援に活用する活動を行っています。中心となっているのは"Cloth for Work"というプログラムで、農村の道路や水路などの建設作業参加への対価として衣服、その他を提供する者です。無料配布としないのは人々の尊厳を傷つけないようにするためです。布の破片を利用して生理用品を作り、安く提供しながら衛生への社会的関心を高める活動もしています。これは社会的なタブーへの挑戦でもあり、女性の状況改善のために社会を変えることがゴールになっています。昨日は、普段はお忙しい創設者のアンシュ・グプタさんにもお会いすることができました、インドのNGOや社会企業の関係者の間では知らない人がいないくらい有名だそうです。
Dsc_0139 We visited two NGOs located in Delhi on 29th  August. The first NGO we visited was Goonj. The Goonj is supporting people in difficulty through "Cloth for Work" programme. They are channeling cloths and other items such as utensils, toy and books which are disposed by relatively affluent city dwellers to poor people mostly in rural areas. They are fully taking care that dignity of people must not be harmed. They are not making these items free of charge.They are also addressing sanitary issue of women by sensitizing whole community as well as providing clean sanitary napkins made fro wasted cloths. We have learnt a lot form them. We are very happy to have chance to meet with Mr. Gupta, the founder of the Goonj.

2016年8月26日 (金)

デリーの世界遺産めぐり(学術解説つき) A world heritage tour with academic guidance

Qtb1 毎年恒例のインド・スタディーツアーですが、初日の25日は祝日にあたってしまったので、世界遺産めぐりから始めました。昨日は私の同僚でイスラム王朝時代のインドの歴史専門家の宮原教授の案内で、クトゥブミナール、トゥグラカバード城跡、フマユン廟、プラナキラを巡りました







Dsc_0086 Since the first day of our study tour in India was a holiday, we started by "Heritage Tour". We visited Qutb Minar, Tughlakabad Fort, Humayun Tomb and Purana Quila with academic guidance by my colleague Professor Miyahara, who is a specialist of the Indian history during the period of Islamic dynasties.

2016年8月14日 (日)

災害復興と学生ボランティア  Students's volunteer activities are still continuing at Ishinomaki

Fukuchi 震災以来、文教大学の「文教ボランティズ」の学生たちが石巻市福地のみなさんとつながりを築いて来ました。この地域は大きな犠牲を出した大川小学校の学区です。今日は福地の夏祭り、ボランティアの学生たちもお祭りの運営に携わっています。年齢の近い子供のたちに特に喜ばれているようです。学生の活躍に拍手!


Since the earthquake and tsunami in 2011, students of the Bunkyo University have been supporting people and community of Fukuchi village, Ishinomaki City. The annual village festival is taking place today. The students are actively playing their roles.

災害とコミュニティーの再建 Reconstruction of a community after the disaster

Maehama1 気仙沼市本吉町前浜のコミセン「前浜マリンセンター」です。毎年6月の植栽活動でお世話になっている千葉様ご夫妻に案内していただきました。前浜および周辺の集落は津波で大きな被害を受け、前浜にあった集会所も流されてしまいました。被災後、前浜では集会所の再建について話し合われ、NGOや企業、団体、個人などからの多くの支援を受けながらその再建が進められました。「東日本大震災ルーテル教会救援”となりびと”」その他の外部からの支援は資金面、コーディネーション、資材、備品等などでしたが、構想、設計、建設プロセスなと多くの過程に地元住民の皆さんのが関わる参加型の手法によって行われました。現在この公民館の稼働率は高く、コミュニティー活動の中心になっています。

Maehama2 国連の"持続可能な開発目標(SDGs)"には、"Resilience(回復力)"という言葉が何回も出てきます。この”Resilience"の意味は当事者の問題発見、解決の力の強さのことで、外部からの支援の役割はそれがやりやすい環境を整えることだと思います。集まることができる場という「インフラ」を支援できたことがよかったです。私ももしかしたら微力ですがお役に立てたかもしれません。というのは、"となりびと"に参加していた時にいくつかの書類の翻訳作業を手伝いましたが、その中にこの前浜の「コミュニティー・センター」のプロジェクト提案書があったと記憶しています。以前のODAの仕事で英文のプロジェクト書類作りには慣れていました。もしお役にたっていたら大変うれしいです。

Maehama3 The coastal area of whole Kesen-numa City including fishing village of Maehama was devastated by the Tsunami on 11th March 2011. A community center building for people of Maehama and surrounding villages was washed away. After the disaster, villagers discussed and examined ways to rebuild the community center. The reconstruction works were implemented in a participatory method. The villagers proactively joined the process of reconstruction in terms of designing, planning and building the center, while both domestic and international NGOs supported in financing and coordinating the activities, and supporting the procurement of material and equipment. The centre is now very frequently used by the villagers.

Maehama4 The word "resilience" appears many times in UN's "Sustainable Development Goals (SDGs)". It means a strength and a power of people to identify issues as well as challenges and take action against them by themselves. While local ownership is crucial, supporters outside of the villages can contribute to make enabling environment including making of infrastructures. I participated in this support a bit by translating the project documents necessary for application of financial support, as a member of the Japan Lutheran Church Disaster Support Team.

2016年7月30日 (土)

「ひび割れ壺と少年」のメッセージ The Cracked Pot

13686676_1104938969552160_681611502 昨日で春セメスターが終わりました。今期から新しい科目「英語文献研究」の担当が加わりました。最終回は私から文献を提供しましたが、論文ではなく絵本です。盟友の松本純さんが訳した「ひび割れ壺と少年」の、ただし素敵な訳文ではなく原文を使いました(松本さんすいません)。少年が主人の家まで二つの壺を天秤のように担いで水運びをしている。片方の壺はひび割れが入っていて、到着するまでに水が半分漏れてしまう。ひび割れた壺は自分の欠陥を恥じ少年に謝るのだが、実はご主人が水漏れのルートに沿って種をまいていて、水が漏れているおかげで花が育って咲いていたのだ・・・・という内容です。「すべてのものには存在意義がある」「誰の人生にも意味がある」というメッセージです。すこしは学生のエンパワメントになったでしょうか?。
この科目は英語文献を読んでディスカッションするのが目的です。最初は私が指定した文献を読みましたが、すぐに学生が選ぶ方法に変更しました。学生が選んできた文献は「人間の幸福」に関するものが多かったですが、政治学、社会学、経済学(最新の行動経済学も含む)が関連していました。若い人の関心が「成長や発展」から「持続性」にシフトしてきていることがよくわかりました。


The 2016 spring semester ended yesterday. I started for the semester a new class "to read academic articles in English" , mainly for sophomore students. We discussed articles, on human happiness upon requests from students, from various angles such as politics, sociology, economics including latest "behavioral studies" At the end of the class, I asked students to discuss on messages from the children's book "The Cracked Pot". A boy was bringing two water pots to his masters's house every day. One pot was perfect and another cracked. The cracked pot lost water by half before arriving there. While the cracked pot was ashamed of his imperfectness, the master planted seeds under the path of water leakage to make flowers grow and bloom. Although the book is by no means academic article, it gives us profound message that there is no one born for nothing.

2016年7月26日 (火)

コピペというモンスター My fight against plagiarism

13681061_1102409556471768_422362394 今年もポケモン「コピペッタ」ゲットしてしまいました。今、期末で各科目合わせ200枚以上のレポートの採点に取り組んでいます。一生懸命書いていて様々な重要なメッセージが含まれているレポートが大多数ですが、毎年何人かコピペがいます。剽窃行為にはゼロ・トレランスで対応していますが、結局のところ、コピペを防止するためには、学生との間の信頼関係を強化するしかないと思います。提出されたレポートにきちんとコメントを返すことは大切だと思います。

A monster is haunting universities - the monster of plagiarism. I am tackling with more than 200 term papers as semester ends. Every semester, I encounter the monster. The only way to exorcise this monster is to have better communications with students.

2016年7月22日 (金)

JICA海外移住資料館 The museum of Japanese migration

13775819_1099764873402903_562654645 昨日の3年生と4年生のゼミはJICA横浜で実施しました。最初は海外移住資料館で日本の移民の歴史を学びました。日本の南米移民が現地の人々の生計手段と競合しないように、さまざまな新しい作物やビジネスに乗り出していった歴史は、現在のグローバルな移民問題へ与える示唆が大きいです。その後はJICA方々に最近の取り組み、特に市民連携と中小企業の海外進出支援について講義をしていただきディスカッションを行いました。学生の中にも将来は海外への展開を行っていくような仕事に就きたいという希望があり、大変有益なものになりました。JICAの皆様に感謝いたします。終了後はJICA横浜の3Fにあるエスニックレストランで、横浜港を見ながら春セメスターの打ち上げを行いました。

13775832_1099764870069570_840107792 Yesterday, we had our seminar class at the JICA Yokohama International Center. We first visited the Japan Overseas Migration Museum, to learn a history of Japanese migration to north and south America. Then, we had lectures by JICA followed by discussions on JICA's recent activities, focusing on collaboration with citizens and small scale industries.

«丸山眞男とリベラリズム On Japan's post-war liberalism

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Twitter